ニュース
2015年07月06日 12時55分 UPDATE

人工知能(AI)の“ターミネーター化”防止目的の37の研究にFLIが総額700万ドル提供

AIの安全性を研究する非営利団体Future of Life Instituteが、選抜した37の研究チームに総額700万ドルを提供する。例えばAIに態度から相手の好みを推測する人間のような能力を与える研究などが選ばれた。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 主に人工知能(AI)の安全性について研究する非営利の研究組織Future of Life Institute(FLI)は7月2日(現地時間)、37の関連チームに米Teslaや米SpaceXの創業者である起業家のイーロン・マスク氏からの寄付金を提供すると発表した。

 マスク氏は今年1月、FLIに1000万ドル(約12億円)を寄付すると発表した。FLIはこの寄付金から700万ドルを研究チームの支援に使う。

 FLIは、人にやさしいAIの開発をテーマに研究を募集し、応募してきた世界中の300以上のチームから37チームを選んだ。全チームのリストはこちら。残念ながら日本のチームはない。

 fli 寄付金を獲得した研究テーマ一覧(部分)

 例えば34万2727ドルを獲得したカリフォルニア大学バークリー校のスチュアート・ラッセル教授のチームは、AIに人間を観察してその人間の望みを推測するという、人間に備わっている能力を与えるための研究を行う。

 25万5160ドルを獲得したスタンフォード大学のパーシー・リャン助教授のチームは、従来の機械学習の基礎となっている統計学的学習理論に代わる次世代の安全なAIシステムのための理論を構築するという。例えば現在の自動運転システムはデータを収集した状況では問題なく稼働するが、全く新しい状況(例えば災害など)には適応できない。こうした問題を解決するのが目的だ。

 FLIはSkypeの共同創業者ジャーン・タリン氏やと米マサチューセッツ工科大学のマックス・テグマーク教授らが立ち上げた研究組織。マスク氏は、スティーブン・ホーキンス博士やスチュワート・ラッセル教授らとともにFLIの顧問として名を連ねている。

 fli 2 イーロン・マスク氏やスティーブン・ホーキンス博士がFLIの顧問になっている

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -