ニュース
2015年07月06日 14時22分 UPDATE

サッカー女子W杯決勝、試合中にTwitterで最も話題になった日本の選手は

サッカーの女子W杯決勝の日本対米国戦で最も話題になったのはあの選手だった。

[ITmedia]

 7月6日に行われたサッカーの女子ワールドカップカナダ大会決勝の日本対米国戦で、Twitterは試合に関するツイートで盛り上がった。最も話題になった瞬間は、試合終了のタイミング。最も話題になった日本の選手は大儀見優季選手、米国はカーライ・ロイド選手だった。


画像 最も話題になった瞬間
画像 最も話題になった選手

 試合終了に次いでTwitterで話題になったのは、ロイド選手が前半16分でハットトリックを決め4-0となった瞬間。3番目に話題だったのは、ロイド選手が試合開始5分で2点目を取った瞬間だった。

 最も話題になった日本の選手は、前半にシュートを決めた大儀見優季選手。2位は途中出場の澤穂希選手、3位は前半でベンチに下がった岩清水梓選手だった。米国は1位がロイド選手、2位がアレックス・モーガン選手、3位がホープ・ソロ選手となっている。

 この試合で日本代表「なでしこジャパン」は米国に2対5で敗退し、準優勝となった。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -