ニュース
2015年07月18日 13時56分 UPDATE

冥王星の“ハート”に氷の大平原 ニューホライズンズ最新画像

探査機「ニューホライズンズ」が、冥王星に広がる“ハート”型の部分に氷の大平原が広がっている様子をとらえた。

[ITmedia]

 米航空宇宙局(NASA)は7月18日、探査機「ニューホライズンズ」が撮影した冥王星の最新画像を公開した。冥王星に広がる“ハート”型の部分を詳細にとらえており、氷の大平原が広がる様子が分かる。

photo 氷の大平原が広がっている NASA/JHUAPL/SWRI
photo 冥王星の画像下に“ハート型”の部分が広がっている NASA/JHUAPL/SWRI

 画像は最接近に成功した7月14日に7万7000キロの距離から撮影された。ハート型模様(非公式に「トンボー地域」と呼ばれる)の中央下部分をクローズアップしており、氷に覆われ、割れ目が走っている。この部分には一酸化炭素の氷が確認されている。

photo 20マイルは約32キロ NASA/JHUAPL/SWRI

 平原にクレーターなどはなく、1億年以内にできた新しいものだと考えられている。説明は容易ではないが、表面物質の収縮によるものか、あるいは表面の対流によるものと現時点では考えているという。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -