ニュース
2015年08月27日 06時27分 UPDATE

Facebook、メッセンジャーの中にいるパーソナルアシスタント「M」のテスト開始

Facebookが、Appleの「Siri」やGoogleの「Google Now」のようなパーソナルアシスタント「M」を発表した。Facebookメッセンジャーを通じて使う。人工知能(AI)だけでなく、それをサポートする人間の「M Trainer」がユーザーに対応する。

[佐藤由紀子,ITmedia]
 m 1 Mのロゴ

 米Facebookのメッセージング製品担当副社長のデビッド・マーカス氏は8月26日(現地時間)、Facebookメッセンジャー(以下「メッセンジャー」)内で稼働するパーソナルデジタルアシスタント「M」のテストを開始したと、自身のFacebookで発表した。

 パーソナルアシスタントとは、人工知能(AI)を採用し、ユーザーの音声やテキストでの質問や命令に対応するサービス。米Appleの「Siri」、米Googleの「Google Now」、米Microsoftの「Cortana」などが先行する。

 マーカス氏は「Mは人間が訓練・管理するAIを備えた」パーソナルアシスタントだと説明する。

 ユーザーはMをメッセンジャーで友達と同じように選択し、会話の中で質問や命令を入力する。マーカス氏が投稿した画像によると、Mを呼び出すと「こんにちは、私はM。メッセンジャーの中にいる、あなたのパーソナルアシスタントです。いつでも呼び出してください!」と話しかけてくる。

 m 2

 マーカス氏は例として、以下のような使い方を紹介した。

  • 物品の購入
  • 友達へのプレゼントの配送
  • レストランの予約
  • 旅行の手配(航空券の購入やホテルの予約のこと?)
  • アポイントメント
 m 3 Mの使用例

 画像での例では、「友達夫婦に子どもが生まれたんだ。プレゼントは何がいいかな? 服やおもちゃはもうたくさん持ってるんだ」と自然な会話のように相談すると「靴はどうです?」と「購入ボタン」付きで候補商品を提示している。

 別の例では、「来週シカゴに行くんだけど、おいしいハンバーガーの店を教えてくれない?」という質問に話題のバーガーショップの画像とリンク付きの情報を提示し、「この店が人気です。予約しましょうか?」と答えている。

 Facebookを取材した米Wiredによると、Mは過去数週間のFacebook社内でのテストの後、まずはサンフランシスコの数百人の一般ユーザーでの招待制テストが開始されるという。Mは完全にAIが対応するのではなく、「M Trainer」と呼ばれるFacebookの契約社員がAIの行動を監視し、AIが適切に反応できない場合はM Trainerが対応する。マーカス氏はWiredに対し「Mは人間の行動を学習している」と説明しており、将来的には独り立ちできるのかもしれない。

 Mは将来的には全Facebookユーザーが無償で利用できるようになる見込み。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -