ニュース
2015年09月18日 15時55分 UPDATE

東京ゲームショウ2015:懐かしい“ゲームカセット”をスマホに差して――「ピコカセット」に注目

スマートフォンに“カセット”を差し込んでゲームを遊べる「ピコカセット」が東京ゲームショウに出展している。

[片渕陽平,ITmedia]

 スマートフォンに“カセット”を差し込んでゲームを遊ぶ「ピコカセット」が「東京ゲームショウ2015」(TGS、千葉・幕張メッセ)に出展し、話題を集めている。ブースを訪れた人からは、思わず「懐かしい」という声も上がっている。

photo

 まずスマホに専用のアプリをダウンロード。スマホが“ファミコン本体”に早変わりしたところで、「ピコカセット」をイヤホンジャックに差し込んで楽しむ。別のゲームを遊ぶ時は、その度にカセットを入れ替える。カセット自体にゲームデータは入っておらず、実際はネットからダウンロードする時の「解除キー」の役割だという。

photo

 同製品は、サイバーエージェント傘下のシロクと、IoT(Internet of Things)ベンチャーの米Beatroboが共同開発。イヤホンジャックを通してコンテンツを楽しむBeatroboの技術「PlugAir」が採用されている。

 会場では、鳥が落ちないように操作するサンプルゲームを試遊できる。アプリを起動したまま、カセットを差し込むとスタート画面が表示。テレビ画面と比べると、少し狭く感じるが、懐かしい雰囲気は健在だ。

photo

 現時点で発売時期・価格は未定。今後予定するクラウドファンディングによるという。担当者は「(ファミコンカセットのように)中古ゲーム屋さんで『このゲームやったな』とよばれる存在にしたい」と話す。有名タイトルの移植、既存ゲームとのコラボ、完全新作ゲームの開発――なども進めている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -