ニュース
2015年10月06日 06時57分 UPDATE

Twitterの正式CEOはジャック・ドーシー氏に決定 SquareのCEOも続投

Twitterが、7月から暫定CEOを務める共同創業者のジャック・ドーシー氏を正式CEOに指名した。同氏はモバイル決済サービスのSquareのCEOも続ける。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Twitterは10月5日(現地時間)、7月1日から同社の暫定CEOを務めている共同創業者、ジャック・ドーシー氏(38)を正式CEOに指名したと公式Twitterで発表した。同社が米証券取引委員会(SEC)に提出した文書によると、決定は9月30日に行われた。

 jack ジャック・ドーシー氏(同氏のTwitterより)

 同氏は2009年に創業した米SquareのCEOも続ける。同社は近く株式公開するとみられている。Twitterの取締役会会長は退任する(後任は発表されていない)。

 ドーシー氏は自身のTwitterで、「私は過去3カ月以上両社(TwitterとSquare)のCEOを務めてきた。それぞれの会社の私の幹部チームは世界最強だ」「両社が体現するものが、われわれに目的を与え、その目的がわれわれの今後の方向を示す」「Squareは経済権限の付与を体現する」「Twitterは表現の自由を体現する」「われわれがTwitterでこれから成すべきことは、Twitterを世界の誰にでも理解できるサービスにし、Twitterを日常的に使うツールとして愛していくれている人々に、さらなる実用性を提供することだ」などと連続してツイートした。

 adam COOに就任するアダム・ベイン氏

 前CEOのディック・コストロ氏(52)は取締役からも退く。社内の有力CEO候補と見なされていたグローバル収益、パートナーシップ担当社長のアダム・ベイン氏(42)は、新しく設けられた役職である最高執行責任者(COO)に就任する。

 同社の共同創業者で取締役のエバン・ウィリアムズ氏(米MediumのCEOでもある)はMediumで、「(正式CEOを探す作業で)当初、ジャック(ドーシー氏)がSquareのCEOを辞めなければ彼をTwitterのCEOに指名することになるとは正直思っていなかった。だが、最終的にそうするのが正しいと決定した。私はこの決定が現在のTwitterにとってまさに必要なことだと確信する」と語った。

 Twitterの月間アクティブユーザー数(MAU)は伸び悩んでおり、同社の株価はここのところ何度か2013年の株式公開以来の最低価格を更新している。同社の株価はCEO決定の発表後、7%以上上昇した。

 同社の第3四半期(7〜9月)の決算発表は10月27日に予定されている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -