ニュース
2015年10月06日 18時56分 UPDATE

ノーベル物理学賞に梶田隆章氏 スーパーカミオカンデのニュートリノ研究に

2015年のノーベル物理学賞はニュートリノの研究で知られる梶田隆章氏らに。

[ITmedia]
photo ノーベル賞サイトの速報

 スウェーデン王立科学アカデミーは10月7日、2015年のノーベル物理学賞をニュートリノの研究で知られる梶田隆章 東京大学宇宙線研究所教授とアーサー・マクドナルド クイーンズ大学(カナダ)名誉教授に贈ると発表した。

 受賞理由は「ニュートリノが質量を持つことを示すニュートリノ振動の発見」。

 梶田氏はニュートリノ観測施設「スーパーカミオカンデ」(岐阜県飛騨市)でニュートリノが質量を持つことを示すニュートリノ振動を確認し、1998年に発表していた。

 ニュートリノの質量発見でノーベル賞候補とされていた、梶田氏が学んだ戸塚洋二・元東大宇宙線研究所所長は2008年に死去した。梶田氏は追悼文で「非常にたくさんのことを戸塚先生から学び、いくら感謝してもしきれない思いです」と述べていた

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -