ニュース
2015年10月09日 18時22分 UPDATE

100円玉を積みたい 懐かしいテーブル形ゲーム筐体を段ボールで再現「げーむぼっち」発売

テーブル形ゲーム筐体を段ボールで再現するという組み立てキット「げーむぼっち」が発売される。ディスプレイやゲーム機をセットすれば実際に遊べる。

[ITmedia]

 ゲームセンターや喫茶店などに置かれていたテーブル形ゲーム筐体を段ボールで再現するという組み立てキット「げーむぼっち」をバンダイナムコグループのVIBEが11月下旬をめどに発売する。ディスプレイやゲーム機をセットすれば実際に遊べるようになっているのが特徴だ。価格は10万円(税別)。

photo げーむぼっち

 レトロゲームへの注目が高まる中、「当時のテーブル筐体をダンボールで復活させると一定の需要がある」として開発。当時の筐体はブラウン管と金属製部品を多数使っていたため重量が数十キロほどあったというが、段ボールにすることで軽くなり、個人宅にも容易に設置できるとしている。ガラス天板もアクリルパネルにすることで軽量化しているという。

photo

 好みのハードをセットして遊ぶ形になっており、ディスプレイやゲーム機、コントローラなどは付属しないが、専用のコントローラパネルやタッチパネル天板をオプションで用意する予定という。あくまでキットなので、ユーザーが自ら組み立てる必要がある。

 2013年に発売した、段ボールを使った簡易防音室「だんぼっち」が好評で、サイズのバリエーションを増やしてアジア圏でも販売を計画しているという。「げーむぼっち」は、「段ボールという素材の可能性を感じた」という同社の新展開だ。

photo 段ボールによる防音室「だんぼっち」

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -