ニュース
2015年10月14日 17時25分 UPDATE

Facebook、“後で見る”やマルチタスクなどの動画関連機能をテスト中

動画コンテンツに注力するFacebookが、見たい動画を保存して後でまとめて見るVideoセクションや、関連動画を次々に勧める機能をテスト中であると説明した。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Facebookは10月13日(現地時間)、サービス内の一部のユーザーを対象に実施している動画機能関連のテストについて説明した。

動画版「後で見る」機能

 例えば外出先など、再生しにくい環境で見たい動画を見つけてしまったり、見る時間がない場合、後で見るために保存するボタンのテストを行っている。動画の右上にある「Save」ボタンをクリックすると保存され、後でまとめて再生できる。

 video 1 後で見るための「Save」ボタン

動画専用ニュースフィード

 上記の後で見るために保存した動画や、友達やフォローしているFacebookページが投稿した動画だけを表示できるニュースフィード「Videos」セクションもテストしている。iPhoneアプリの画面下に並ぶアイコンの中央にVideosボタンが追加され、Webアプリではニュースフィードの左カラムの「お気に入り」にVideosが追加される。

 video 2 Videoセクションは動画だけを視聴できるニュースフィード

お勧め動画の表示

 ユーザーがニュースフィード上の動画をクリック(タップ)して再生した場合、その動画と似たような動画をお勧め(サジェスト)する機能を米国のiPhoneユーザーを対象にテスト中で、現在他の地域のiPhoneユーザーにテスト範囲を拡大しており、向こう数カ月中にはAndroidでも提供する計画。今後のテストでは、広告も挿入する。

 具体的には、動画を再生して上にスワイプすると、関連する(とFacebookが判断した)動画が表示される。スワイプするとずっと関連動画を見続けることになるようだ。この縦の動画の流れの中に関連性の高い動画広告が挿入される。

マルチタスクでの動画再生

 再生中の動画の右上のアイコンをタップすると、その動画が小さいフローティングウィンドウになり、画面の端(位置は移動できる)に表示されたままニュースフィードの閲覧を続けられる。

 video 1 マルチタスク再生

 同社は、「昨年9月のアップデート以来、動画はFacebook上で成長し続けている。動画は、世界中の人々がお互いを知り、共有するための欠かせない要素になっている」とし、今後も動画関連機能を充実させていくと説明した。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -