ニュース
2015年10月16日 11時27分 UPDATE

「Ingress」のNianticに任天堂が出資 「Pokemon GO」開発

「Pokemon GO」「Ingress」を開発する米Nianticに任天堂とポケモンが出資。

[ITmedia]

 米Nianticは10月15日(現地時間)、任天堂などから2000万ドルの資金を調達したと発表した。位置情報を利用したスマートフォン向けゲーム「Pokemon GO」開発などに活用する。NianticはGoogleからスピンアウトして独立企業になったのを機に、Google以外からの出資を受け入れる。

photo Pokemon GO

 出資には任天堂のほか、ポケモン、米Googleが参加。まず2000万ドルを引き受け、今後1000万ドルの追加投資も予定している。Nianticは、調達した資金をPokemon GOの開発やIngressの拡大、実世界を活用したゲームプラットフォームの構築、新タイトルに投じていく。

 「Pokemon GO」は、ポケモン、任天堂とNianticが共同開発し、2016年のリリースを計画している。Nianticの位置情報ゲーム「Ingress」のノウハウを活用し、ポケモンを発見するために現実世界の移動を促し、交換やバトルも楽しめる。

photo 開発中の「Pokemon GO」

 Nianticは、Googleが地図サービスGoogle Mapsのために買収した米Keyholeの共同創業者、ジョン・ハンケCEOがGoogleの社内スタートアップとして2011年に立ち上げた。Ingressは世界で1300万以上がダウンロードされている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -