ニュース
2015年10月20日 08時25分 UPDATE

米運輸省、ドローンの登録義務化計画を発表 12月半ばの実施を目標に

米運輸省がドローン(小型無人機)の登録義務付けに向けた検討委員会の立ち上げを発表した。12月半ばまでに実施したいとしている。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米運輸省(DOT)は10月19日(現地時間)、小型無人航空機システム(UAS)、いわゆるドローンの登録義務化のための特別委員会の立ち上げを発表した。

 drone 1

 アンソニー・フォックス運輸省長官は記者発表(リンク先はYouTube動画)で、12月半ばまでの登録実施を目指すと語った。

 drone 2 特別委員会の立ち上げを発表する運輸省長官

 委員会では、登録を義務付けるドローンの種類や、既に購入済みのドローンも登録の対象とするかどうかなどを検討する。

 DOTの発表文によると、米連邦航空局(FAA)にパイロットから寄せられるドローン目撃報告は昨年から倍増しており、スポーツイベントでの事故や大規模火災の消火活動の妨害など、様々な問題が起きているという。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -