ニュース
2015年10月22日 06時40分 UPDATE

Twitter、投票機能「Twitter Polls」を段階的に提供開始

Twitterが、ここ数日“目撃”されていた投票ツイートを「Twitter Polls」という新機能として正式発表した。誰でも無記名投票できる2択の投票機能で、投票すると24時間後に結果がプッシュ通知される。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Twitterは10月21日(現地時間)、ツイートで2択の投票を実施できる機能「Twitter Polls」の提供を開始したと発表した。向こう数日中に、全ユーザーがiOS/AndroidアプリおよびWebアプリで使えるようになる。

 利用できるようになると、ツイート投稿画面のメニューに円グラフのようなアイコンが追加され、これをタップすることでツイートに投票コーナーを作成できる(下左図)。投票項目は2つまで。つまり、2択のみ設定できる。

  投票期間は24時間と決められており、24時間後に投票結果が分かる。

 polls 1 投票ツイートの作成ボタン(左)、投票結果(右)

 タイムラインに表示される投票ツイートには誰でも投票に参加できる。投票は選択肢のいずれかをタップ(クリック)するだけ。いずれかを選ぶと、その時点の投票状況が表示される。誰が投票したかは投票ツイートの作成者にも開示されない。投票結果は投票した全員にプッシュ通知される。

 polls 2 候補のいずれかをタップする(左)と投票状況が表示される(右)

 Twitterは、犬の名前はどっちがいいか、今夜のゲームはどちらのチームが勝つか、選挙で最も関心を集めるテーマはどちらかなど、さまざまな意見を多数の人に聞くのに、Twitterは最適な場所だとしている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -