ニュース
2015年10月26日 13時35分 UPDATE

読書中に“寝落ち”できる「泊まれる本屋」 池袋に「BOOK AND BED TOKYO」がオープン

読書を楽しみながら眠れるホステル「BOOK AND BED TOKYO」が東京・池袋にオープンする。一泊3500円(税別)から。

[ITmedia]

 「泊まれる本屋」をコンセプトとしたホステル「BOOK AND BED TOKYO」が11月5日に東京・池袋にオープンする、「読書をしてたら、いつの間にか寝てしまった」ような「最高に幸せな“寝る瞬間”を体験できる」という。

photo BOOK AND BED TOKYO

 本棚に埋め込まれたベッドの中で、読書を楽しめるホステル。「STANDARD」(129×205センチ)、「COMPACT」(80×205センチ)の2種類のベッドを用意し、枕元には電源やブックライトを備える。シャワーやトイレ、洗面所を共用スペースとして設置し、Wi-Fiも無料で提供する。「泊まれる本屋」をうたうが、本は販売しない。

 運営は不動産セレクトショップ「R-STORE」が手掛け、本棚に並ぶ書籍は「SHIBUYA PUBLISHING AND BOOKSELLERS」が選書する。

photo

 宿泊料金はSTANDARDが4500円(税別)、COMPACTが3500円(税別)からで、金土祝前日は1000円の追加料金が掛かる。チェックインは午後4時、チェックアウトは翌朝の11時。午後1時から午後7時の「デイタイム」は、宿泊せずに1500円(同)で利用が可能だ。空き状況はTwitter(@BOOKANDBEDTOKYO)で確認できる。

photo

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -