ニュース
2015年11月18日 07時47分 UPDATE

Googleフォト、バックアップ済み写真・動画の削除ツールで端末の空き容量確保

Android版Googleフォトに、Googleドライブにバックアップ済みの写真と動画を端末から一括削除する機能が追加された。端末のストレージ空き容量が減ってきたら、1つずつ確認せずにファイルを削除できる。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは11月17日(現地時間)、Android版写真管理アプリ「Googleフォト」をアップデートし、クラウドサービス「Googleドライブ」にバックアップ済みの写真および動画を端末のストレージから一括削除する機能を追加したと発表した。iOS版にも間もなく同じ機能が追加される見込みだ。

 photo 1

 Googleフォトの「設定」に「端末の空き容量の確保」という項目が表示され、これをタップするとGoogleドライブにバックアップ済みの写真や動画の数と、それを削除すると空く容量が表示され、「削除」をタップすると削除が完了する。

 photo 2 2タップでまとめて削除できる
 photo 3 アップロードサイズの選択

 Googleフォトアプリには、端末で撮影した写真や動画をGoogleドライブに自動的にバックアップする機能があり、その際の画質を、「元のサイズ」(圧縮しない)か「高画質」(圧縮する)のいずれかから選ぶようになっている。高画質を選べば、バックアップ分の容量はGoogleドライブの容量とはカウントされず、無制限にバックアップできる。

 従来は、元のサイズでバックアップしていたユーザーのアプリでのみ表示されていた、端末内の写真や動画の削除を促すアシスタントカードが、このアップデートで高画質バックアップユーザーにも表示されるようになる。

 また、一部のSDカードスロットのある端末で、SDカード内の写真や動画を削除できるようにすることで、削除したはずの写真や動画がフォトビューで表示される問題を解決したという。

 さらに、Webアプリ版のGoogleフォトで、既にGoogleドライブにバックアップ済みの元のサイズのデータを、高画質にダウンサイズする機能も追加される(こちらはローリングアウト中)。設定ページに追加される「Recover Storage」(日本語での項目名はまだ不明)をクリックすると、バックアップ済みのすべての写真と動画がダウンサイズされ、Googleドライブの空き容量が増える。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -