ニュース
2015年11月22日 08時56分 UPDATE

SpaceX、NASAの宇宙飛行士ISS輸送契約を獲得 2017年に実施へ

イーロン・マスク氏率いる宇宙開発企業SpaceXが、米航空宇宙局(NASA)からISSへの宇宙飛行士輸送の契約を獲得した。実施は2017年になる見込み。NASAはBoeingとも同様の契約を結んでいる。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米航空宇宙局(NASA)は11月21日(現地時間)、米宇宙開発企業SpaceXと国際宇宙ステーション(ISS)への宇宙飛行士の商業輸送契約を締結したと発表した。

 SpaceXは、高級電気自動車のTesla MotorsのCEOでもあるイーロン・マスク氏が創業した宇宙開発企業。無人の物資輸送については既にNASAから受注・運用している。同社は9月、7人まで乗船できる有人飛行船「Crew Dragon」を披露した。

 spaceX 1 SpaceXの有人宇宙船「Crew Dragon」

 この契約は、NASAの宇宙飛行士輸送の民間企業への委託プログラム「Commercial Crew Transportation Capability(CCtCap)」の一環。NASAは同様の契約を米Boeingと5月に結んでいる(Boeingの宇宙船は「Starliner」という名称)。NASAはこのプログラムで4回の飛行士輸送ミッションを計画しており、最初のミッションをどちらの企業が実施するかはまだ決まっていない。

 spaceX 2 NASAのケネディ宇宙センターにあるFalcon 9の発射台

 NASAは現在、宇宙飛行士の輸送をロシア連邦宇宙局のソユーズ宇宙船に依存しており、米民間企業の採用が実現すれば、多大なコスト削減につながるとしている。

 SpaceXのISSのへの無人の物資輸送は過去数回実施されているが、直近のミッションは補給船「Dragon」を搭載したロケット「Falcon 9」の爆発で失敗に終わった。この失敗のデータを基に、同社はFalcon 9を改良した。

 Crew DragonもFalcon 9(改良型)で打ち上げる計画だ。SpaceXとBoeingには、ミッション実施前の自社での有人試験飛行などが義務付けられている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -