ニュース
2015年11月29日 14時04分 UPDATE

「同性愛は異常」 海老名市議がTwitterで差別発言

神奈川県海老名市議会の鶴指眞澄市議が「同性愛は異常なのだ」などとTwitterに投稿し、批判が相次いだ。

[ITmedia]

 神奈川県海老名市議会の鶴指眞澄市議が11月29日未明、Twitterに「同性愛は異常なのだ」などと同性愛者を差別する書き込みを複数投稿し、批判が相次いだ。鶴指市議はその後「不適切な表現であったことを深くお詫び申し上げます」と謝罪し、投稿を削除した。

photo 鶴指市議の謝罪

 鶴指市議は、同性婚に賛成する人が全体の5割を超えたという調査結果を伝えた朝日新聞の記事にリプライする形で「異常人間をほめるような記事を掲載したりすることが多いが、マスコミの責任感のない記事掲載が問題だ」「同性愛は異常なのだ、異常なことをすることを取上げる必要はない」などと自らのTwitterアカウントに投稿した。

 さらに「最近のマスコミの報道は倫理観に欠けている、何でも珍しいいことがあれば良いネタのようにして報道する」「一例が同性愛とやらだ!生物の根底を変える異常動物だということをしっかり考えろ!」などと投稿した。

photo 問題になったツイート(現在は削除)=togetterより

 差別ツイートに対し批判が相次いだが、鶴指市議は「同性愛は個人の自由だと思うが、私としては受け入れられるものではなく、書き込みの撤回はしない」などとNHKの取材に答えていた。だがその後、謝罪とともに投稿を削除した。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -