ニュース
2015年12月01日 14時29分 UPDATE

使用済みコピー用紙から水不要で新しい紙を作る「オフィス製紙機」 エプソンが世界初

使用済みコピー用紙から水不要で新しい紙を生産できるオフィス製紙機をエプソンが世界で初めて開発した。2016年の商品化を目指す。

[ITmedia]

 セイコーエプソンは12月1日、オフィスなどで使用した紙から新しい紙を生産できる小型の製紙機「PaperLab」を2016年内に商品化すると発表した。文書情報などを完全に抹消した上で、水不要で新しい紙を作れるという。

photo PaperLab

 2.6(幅)×1.2(奥行き)×1.8(高さ)メートルとオフィスのバックヤードに設置できるサイズ。A4、A3の使用済みコピー紙を原料として、A4/A3サイズのオフィス用紙や色紙、名刺用紙など厚さの違う紙なども作れる。

 使用済みの紙を入れ、開始ボタンを押せば約3分で1枚目の紙ができあがるという。A4用紙なら1分当たり14枚、1日8時間稼働させれば6720枚を生産できるとしている。

photo オフィスに設置できるサイズ

水不要で新しい紙を作る新技術

 A4の紙1枚を作るのにコップ1杯の水が必要とされるが、同社がプリンタ事業などで培ったノウハウを活用し、水不要で紙を作る「Dry Fiber Technology」を開発した。

photo

 具体的には、(1)水を使わずに使用済みの紙を綿のような細長い繊維に変え、文書情報を抹消する「繊維化」、(2)繊維化した材料にさまざまな結合素材を用い、用途に応じた紙にする「結合」、(3)密度や厚み、形状をコントロールして整形し、さまざまな厚みやサイズの紙を生産する「成形」──の3技術で紙を生産する。香りのついた紙なども作れるという。

 外部に処理を委託している機密文書なども紙繊維にまで分解するため、社内で安心して処理できるとしている。「オフィスで完結する資源サイクル」をうたい、新ビジネス「スマートサイクル事業」を推進する。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -