ニュース
2015年12月04日 15時33分 UPDATE

EFF、Webサイトを無料でHTTPS化するプロジェクト「Let's Encrypt」のパブリックβ公開

米電子フロンティア財団(EFF)がセキュアなWebを目指し、WebサイトのHTTPS化を無料で比較的簡単に実現できるプログラムのパブリックβを公開した。Cisco、Mozilla、Akamai、Facebookなどが支援している。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米電子フロンティア財団(EFF)は12月2日(現地時間)、Webサイトを無料で自動的にHTTPS化するプロジェクト「Let's Encrypt」がパブリックβになったと発表した。Webサーバの運営者は誰でも、β版クライアントを試せる。

 encrypt 1

 WebサイトをHTTPS化するには、米Symantecなどの認証局(CA)のデジタル証明書を入手し、その証明書をWebサイトにインストールする必要がある。こうしたサービスはほとんどが有償で、インストールの手順が煩雑であることが、HTTPSの普及の障害になっているとEFFは説明する。Let's Encryptはこうした障害を乗り越えるためのプロジェクトという。

 Mozilla、Cisco Systems、Akamai、ミシガン大学、Facebookなどが同プロジェクトをサポートしている。

 encrypt 2 スポンサー企業

 インストール方法やFAQはこちらにまとめられている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -