ニュース
2015年12月09日 18時00分 UPDATE

「あかつき」金星軌道投入に成功 JAXAが発表

金星探査機「あかつき」の金星周回軌道への投入に成功したとJAXAが発表。

[ITmedia]

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は12月9日、金星探査機「あかつき」が金星を周回する軌道に投入できたことを確認したと発表した。2010年の失敗から5年越しで成功を果たした。(関連記事:「あかつき」から金星の画像が届く 軌道投入成功後、初の撮影

photo 「あかつき」のイメージ(画:池下章裕氏)

 7日の姿勢制御エンジン噴射後の軌道の計測と計算の結果、あかつきは金星を約13日14時間で周回する軌道を周回していることが分かった。金星から最も近いところ(近金点)で高度約400キロ、最も遠い所(遠金点)で高度約44万キロという楕円軌道だ。

 探査機の状態は正常という。今後、約3カ月間の初期観測を行いながら、9日間程度で周回する楕円軌道に移行する予定。来年4月から定常観測を始める計画だ。

photo 確認の結果=JAXAの資料より

 あかつきは2010年5月に打ち上げられ、同年12月に金星周回軌道への投入を予定していたが、メインエンジンの故障で失敗。今月7日、軌道投入を目指す姿勢制御エンジンの噴射に成功していた。

 日本の探査機が地球外の惑星の周回軌道に投入されるのは初めて。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -