ニュース
2015年12月21日 14時07分 UPDATE

小林幸子さん、紅白でボカロ曲「千本桜」を披露

紅白歌合戦に4年ぶりの出場となる小林幸子さんの曲目がボーカロイド曲「千本桜」に。「ネットカルチャーと融合」したステージになるようだ。

[ITmedia]

 大みそか放送の「第66回紅白歌合戦」の曲目が12月21日に発表された。4年ぶりの出場となる小林幸子さんはボーカロイド曲「千本桜」を披露する。

photo
photo 特別企画「千本桜」

 紅白歌合戦での豪華な衣装からネットユーザーに「ラスボス」と呼ばれ親しまれる小林幸子さんは、ニコニコ動画への動画投稿、コミックマーケットへの出展、自らの声のボーカロイド化など、ネットカルチャーやサブカルチャーへの関わりを深めてきた。

 紅白の舞台で披露する「千本桜」は、黒うさPによって2011年に発表された、初音ミク楽曲の代表曲の1つ。小林さん自身のアカウントで「歌ってみた」をニコニコ動画に投稿しており、2014年夏のコミックマーケットでサークル「5884組」として頒布したCDアルバム「さちさちにしてあげる♪」にも収録、50周年記念武道館コンサートでも使用するなど定番曲となっている。

 紅白歌合戦の公式サイトには「ネットカルチャーと融合し、どんな進化形“小林幸子”を魅せてくれるのか!?」とあり、デジタルコンテンツと融合したステージになることをうかがわせている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -