ニュース
2015年12月24日 16時12分 UPDATE

小林幸子さん紅白ステージがニコ生連携 コメントを演出に活用 「“ネット意思”身にまとい進化」

「紅白歌合戦」の小林幸子さんのステージがniconicoで生放送される。ネットユーザーからのコメントを実際のステージ演出に用いる。

[ITmedia]

 ドワンゴは12月24日、大みそかに放送する「第66回紅白歌合戦」で小林幸子さんが出演するシーンを「niconico」で生放送し、ネットユーザーからの投稿コメントを実際のステージ演出に使用するコラボ企画を行うと発表した。

photo
photo 特別企画として「千本桜」を披露する

 4年ぶりの紅白歌合戦出場となる小林さんは、ボーカロイド曲「千本桜」を披露する予定。ニコ生への投稿コメントを美術セットに流し、ネットでの盛り上がりをテレビ視聴者に届ける。

 NHKの茂山圭司チーフプロデューサーは今回の企画に対し、以下のようにコメントしている。

 「今回の小林幸子さんの紅白特別企画出演に関しては、これまでとは違う“ラスボス”として進化した小林幸子さんをお見せしたいと考えていました。小林幸子さん側からも『“ネットの皆の意思”を身にまとい進化した小林幸子のステージをお見せしたい』という強い希望もあり、niconicoさんにご協力をお願いしました。

 “NHKホールの生放送のステージにどうやってコメントを流すのか?”“コメントに対するリスクに対応できるか?”という様々な問題はありましたが、niconicoさんのご協力により今回の特別企画が実現できることになりました。

 今回の小林幸子さんの出演シーンに関しては、ネットユーザーの皆様からは(キター!!など)良い反応をいただけると思っていますが、一方でネットに関心の無い方からは(なんじゃこりゃ?テレビこわれたか?)など、賛否両論、様々な反応があるかと思っています。

 ですが、ネットと放送の融合、コラボレーションはこれからもドンドン推し進めるべきです。今でもネットはテレビをネタに、テレビはネットをネタに、双方でコンテンツを作りユーザーの方々に楽しんでいただいています。メディアは違えども、どちらも動画コンテンツなのは変わりないのですから、これからもドンドン混じり合って、利用し合って、競争し合って、視聴者の皆様に今の時代ならではの喜びと感動をお届けできたら、と期待しています」

 小林さん出演時以外もニコニコ生放送では「応援裏実況」として視聴者とSkypeやメールで交流しつつ年越しを迎える番組を放送予定。小林さん自身も紅白出演後に駆けつける予定だ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -