ニュース
2016年01月13日 07時48分 UPDATE

Twitterの実況アプリ「Periscope」、タイムラインでの直接視聴が可能に

Twitterの実況動画アプリ「Periscope」のライブ動画を、PeriscopeをインストールしていなくてもiOS版Twitterアプリ内で視聴できるようになった。AndroidおよびWebアプリでも対応する見込みだ。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Twitterは1月12日(現地時間)、実況動画アプリ「Periscope」のライブをTwitterのタイムライン上で視聴できるようにしたと発表した。まずはiOS版公式Twitterで可能になった。AndroidおよびWebアプリ版でも“準備ができ次第可能な限り早く”可能にするという。

 periscope 1

 Periscopeは、Twitterが2015年1月に買収した同名企業が開発した実況動画アプリ。アプリは2015年3月にリリースされた。Twitterのアカウントでログインして使うが、Vineと同様のTwitterとは独立したサービスで、これまでは実況の告知はタイムライン上でできたが、視聴するにはPeriscopeアプリを起動するか、Webアプリに移動する必要があった。

 本稿筆者のiOS端末では既にタイムライン上で再生できる。タイムライン上で自動再生されるのではなく、タップすると全画面表示になって視聴できるようになる。

 periscope 2 実況中のPeriscopeをタップすると全画面表示になる

 ただし、コメントするには画面上部に表示される「Periscopeで会話しましょう」をタップしてアプリを起動する必要がある(アプリが端末にインストールされていない場合はインストールを促される)。

 Twitterのタイムラインでは、GIFアニメやVineも再生可能だ

 Twitterは、「Periscopeの中継者の方々はより多くの視聴者にリーチできることになります」としている。

 同社によると、2015年8月の立ち上げから累計で1億件以上の実況動画が投稿されたという。

 米Facebookもニュースフィード上にリアルタイムの実況動画を投稿できる機能「Live(日本では「ライブ動画」)」を一般ユーザー向けに公開すると昨年12月に発表している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -