ニュース
2016年01月15日 07時26分 UPDATE

Netflix、プロキシやVPN経由の不正視聴を数週間中に遮断すると発表

1月初頭にシリアと中国を除くほぼ全世界でのサービス提供を発表したストリーミングサービスのNetflixが、プロキシサーバや「アンブロッカー」によるライセンス違反視聴をブロックするツールを導入したと発表した。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Netflixは1月14日(現地時間)、日本を含む190カ国で提供する同名のストリーミングサービスで、プロキシサーバ、VPN、「アンブロッカー」などを使って本来見ることのできない国外コンテンツを視聴する行為を向こう数週間中に遮断すると発表した。コンテンツのライセンス保有者の懸念に応えるねらいだ。

 netflix 1 日本でもサービスを提供するNetflix

 同社は6日、それまで60カ国だったサービス提供地域に新たに130カ国を追加し、中国とシリア以外のほぼ全世界を網羅した。

 netflix 2 Netflixのサービス提供地域(赤い部分)

 オンラインコンテンツのライセンス条件は一般に国ごとに異なるため、複数の国や地域でサービスを提供する企業は国によってラインアップを変えている。

 Netflixは、「自分の地域以外で提供されているコンテンツを視聴するためにプロキシやアンブロッカーを使う会員がいる。この問題に対処するため、競合他社が採用しているものと同様の対策ツールを採用した」と説明する。

 Netflixと競合するHuluはヘルプページで、匿名プロキシやVPN経由の接続をブロックすると明示している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -