ニュース
2016年01月15日 10時21分 UPDATE

ジョブズ対ゲイツがテーマのミュージカル「nerds」、3月にブロードウェイで開演

Apple共同創業者の故スティーブ・ジョブズ氏とMicrosoft共同創業者のビル・ゲイツ氏の“フロッピーディスク時代からiPhone旋風まで”のライバル関係を題材にしたコメディミュージカル「nerds」が3月からブロードウェイの老舗劇場で上演される。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Appleの共同創業者である故スティーブ・ジョブズ氏と米Microsoftの共同創業者のビル・ゲイツ氏のライバル関係をテーマにしたコメディミュージカル「nerds」(オタクという意味)が3月末からブロードウェイで上演される。

 nerds 1

 チケット販売ページの概要によると、「ビル・ゲイツとスティーブ・ジョブズはテクノロジー業界の巨人になる前はただのオタク(nerd)だった。アメリカが愛するオタク達の、フロッピーディスク時代からiPhone旋風までの、ガレージでの起業家からシリコンバレーの億万長者に上り詰めるまでの、ライバル物語」という。

 このミュージカルは2013年秋にフィラデルフィアで初演されたものだが、ブロードウェイ版ではIT関連のミュージカルということで、舞台ではホログラムやプロジェクションマッピングなどの先端技術を駆使し、観客はモバイルアプリを通じてインタラクティブな舞台を楽しめるという。

 会場はブロードウェイの老舗劇場、ロングエーカー劇場。チケットは39ドルからで、プレビューは3月31日。脚本と歌詞は「スター・ウォーズ/ロボットチキン」の脚本を書いたこともあるジョーダン・アレン・ダットンとエリック・ワイナーのコンビだ。

 nerds 2 ロングエーカー劇場

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -