ニュース
2016年01月18日 16時08分 UPDATE

メルカリ、匿名配送を全ユーザーに 出品者/購入者ともに住所・氏名いらずで配送

フリマアプリ「メルカリ」が匿名配送サービス「らくらくメルカリ便」を全ユーザーに開放。個人情報をやりとりせずに配送できる。

[ITmedia]

 フリマアプリを運営するメルカリは1月18日、昨年9月から試験運用していた匿名配送サービス「らくらくメルカリ便」を全ユーザーが利用できるようにした。出品者・購入者ともに個人情報を伝えずに配送できる。

photo 送り状には住所氏名はなし、バーコードのみ

 アプリ内で発行されるバーコードをヤマト営業所の端末「ネコピット」で読み取って伝票を印刷し、バーコードで送り先の情報を記載する。ヤマト運輸とユーザーの住所などのデータを連携し、出品者・購入者ともに住所や氏名などの個人情報をやりとりせずに配送できる。

photo 「らくらくメルカリ便」のフロー

 ネコポス、宅急便コンパクト、宅急便の既存の3サービスを応用しており、用途に合わせて利用可能。追加の料金は発生せず、サイズに応じた全国均一の料金設定だ。

 現時点では、受け付けはヤマト運輸直営店のみ。今後セールスドライバーによる集荷、コンビニエンスストアからの発送にも対応していく予定という。

 メルカリはスマートフォンからの利用に特化したフリマアプリ。昨年10月に国内2000万ダウンロードを突破し、累計出品数は1億6000万品超にのぼっている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -