ニュース
2016年01月28日 06時21分 UPDATE

「WKWebView」採用で:iOS版Chromeブラウザ、バージョン48で大幅高速化・安定化

Safariのクラッシュが世界規模で報告される中、Googleが大幅に高速化したiOS版「Chrome 48」をリリースした。レンダリングエンジンを「UIWebView」から「WKWebView」に切り替えたことで、安定性も70%向上したという。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは1月27日(現地時間)、米AppleのiOS向けブラウザ「Chrome」をバージョン48(48.0.2564.87)にアップデートしたと発表した。App Storeからダウンロードできる。

 このアップデートで、Appleが「iOS 8」から「Safari」で採用しているレンダリングエンジン「WKWebView」を採用したことで、速度と安定性が大幅に向上したという。

 クラッシュ率が70%低下し、JavaScriptの実行速度も大幅に改善したとしている。下の図は、旧レンダリングエンジン「UIWebView」搭載の旧版と「WKWebView」搭載のChromeの比較だ。

 chrome 1 新旧Chromeのクラッシュ率
 chrome 2 新旧ChromeのJavaScript実行速度比較

 このアップデートでは他に、新しいタブページのアイコンデザインの変更、Spotlightとの統合などが追加された。

 26日に世界規模で発生したSafariブラウザのクラッシュAppleが修正したようだが、こうした事態に備えるために、Chromeもインストールしておいてもいいかもしれない。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -