ニュース
2016年01月28日 09時09分 UPDATE

Googleのディープラーニング「AlphaGo」がプロ棋士に完勝

コンピュータがついに囲碁で人間のプロに勝利した。Googleのディープラーニングシステム「AlphaGo」がプロ棋士に5戦5勝した。AlphaGoは3月には国際棋戦で10勝以上している李世ドル氏と対戦する。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは1月27日(現地時間)、同社が開発したディープラーニングシステム「AlphaGo」が、囲碁戦で人間のプロ棋士に5戦5勝で圧勝したと発表した。

 コンピュータがプロ棋士に勝つのはこれが初という。

 チェスでは米IBMのDeep Blueが1997年に人間のプロに勝利しているが、囲碁はチェスよりも(ルールは単純だが)選択肢が桁違いに多く、その数はチェスの1グーゴル(10の100乗)倍以上になるため、従来の“力任せの”計算方法ではコンピュータは人間に追いつけなかった。

 専門家は、コンピュータがプロ棋士に勝つには10年かかると予測していた。

 AlphaGoでは、機械学習の一種であるディープラーニングの手法を用いてシステムを構築し、ニューラルネットワーク同士で対戦を繰り返すことでスキルアップしてきた。この過程では同社の「Google Cloud Platform」や「TensorFlow」を活用した。

 AlphaGoと対戦したのは中国出身でフランス在住のプロ棋士で欧州大会で3回優勝した樊麾(Fan Hui)氏。対戦はGoogleのロンドンオフィスで昨年10月5〜9日に行われた。

 alphago 1 Fan Hui氏敗北の瞬間
 alphago 2 Lee Sedol氏

 Googleは3月に、世界囲碁選手権富士通杯などの国際棋戦で10勝以上している韓国のプロ棋士、李世ドル(Lee Sedol)氏とAlphaGoの対戦を計画している。李氏は「AlphaGoとの対戦相手に選ばれて光栄だが、勝つ自信がある」と語った。

 AlphaGoに関する論文は科学雑誌Natureのページでダウンロードできる(有料)。


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -