ニュース
2016年02月04日 17時28分 UPDATE

「4K・8K放送は録画禁止にすべきではない」 MIAUと主婦連が申し入れ

4K・8K放送で番組の録画禁止が検討されていることを受け、MIAUと主婦連が、録画禁止にしないよう求める文書をNexTV-Fに提出した。

[ITmedia]

 4K・8K放送で番組の録画禁止が検討されていることを受け、インターネットユーザー協会(MIAU)は2月3日、主婦連合会と共同で、録画禁止にしないよう求める文書を、4K・8K放送について検討している次世代放送推進フォーラム(NexTV-F)に提出した。

 同フォーラムが昨年12月に公表した技術資料「高度広帯域衛星デジタル放送 運用規定1.0版」(PDF)にでは、「月極め等有料放送」「コンテンツ保護を伴う無料番組」について、「コピー禁止」は「T.B.D」(未確定)だとしている。番組録画(コピー)の禁止が検討されていることを示すものだ。

画像 「高度広帯域衛星デジタル放送 運用規定1.0版」923ページより。「月極め等有料放送」と「コンテンツ保護を伴う無料番組」のコピー禁止が「T.B.D」となっている

 報道によると、民放キー局5社が4K番組の録画禁止を強く申し入れており、レコーダーを販売する家電メーカーが反発している状況という。

 MIAUと主婦連は、番組の録画禁止について、「不正利用を行うごく一部の悪質なユーザー対策としても有効でないばかりか、大多数の善良な一般視聴者が巻き添えとなって不便を強いられる」とし、「許されるものではありません」と強い調子で否定する。

 また、特定の事業者間で共同して録画禁止を合意し、互いに制限することは、独占禁止法が禁じる不当な取引制限(カルテル)に該当するおそれがあり、団体内部でカルテルの合議を行うことも独禁法違反に当たる可能性があると指摘する。

 その上で、4K・8K放送も現在の地上デジタル放送などと同様、「コピー禁止」は「運用不可」にするよう強く求めている。

 さらに、「4K・8K放送は国民の資産である電波を用いて行われる公共的なサービス」と指摘。技術仕様の検討も「一般消費者を代表する団体を含む適切なメンバーによる、開かれた議論が必要」と指摘している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -