ニュース
2016年03月23日 14時15分 UPDATE

Google、Chromeアプリランチャーの提供を7月に終了へ(Chrome OSを除く)

Googleが、「通知センター」に続けて「Chromeアプリランチャー」の提供を終了すると発表した。Chromebook(Chrome OS)を除くプラットフォームで7月中に表示されなくなる。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは3月22日(現地時間)、Chromeアプリをデスクトップから起動する「Chromeアプリランチャー」のWindows、Mac、Linuxでの提供を7月中に終了すると発表した。Chrome OSでの提供は今後も続ける。

 終了の理由は「ユーザーが(ランチャーを使わずに)Chromeブラウザ内からアプリを起動することを選ぶのが分かったから」としている。

 同社は、この決定はChromeの簡潔さの追求と機能合理化の一環だと説明し、「機能合理化の一環」の部分に「通知センター」の終了の発表文へのリンクを貼った。

 Chromeアプリランチャーは、Windowsでは2013年7月から提供している機能。タスクバーのランチャーアイコンをクリックするとChromeアプリ一覧を表示でき、そこから各種Chromeアプリを起動できる。

 chrome 1 Chromeアプリランチャー(Windows版)

 Chromeブラウザを開いていなくてもアプリだけ起動できるのが便利ではあるが、Webブラウザで開いたGoogleのトップページからもアプリを開けるので、こちらを選ぶユーザーが多かったようだ。

 chrome 2 Webブラウザ上でも起動できる

 現在ランチャーを利用しているユーザーに対しては、ランチャー終了の告知が表示されるようになり、7月中にランチャー自体が表示されなくなる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -