ニュース
2016年03月28日 09時38分 UPDATE

Appleは2017年にAMOLEDで5.8インチのiPhoneを出す──KGI予測

Appleは2017年に、5.8インチAMOLEDディスプレイ搭載でガラス製ボディのiPhoneを発表すると、Apple製品の予測で定評のあるKGI証券のアナリストが予測した。

[ITmedia]

 米Appleは2017年に5.8インチのAMOLED(アクティブマトリックス方式有機EL)ディスプレイ搭載iPhoneを発売する──。Apple製品予測定評のある台湾KGI証券のアナリスト、ミンチー・クオ氏のこのような予測を、米AppleInsider他、複数のメディアが3月27日(現地時間)に伝えた。

 iphone 1 AppleはiPhone 4/4Sの背面でガラスを採用した(画像はバンパー付きのiPhone 4)

 同氏によると、2017年のiPhoneのラインアップのボディはガラス製で、ディスプレイも背面もカーブしたものになるという。iPhoneのボディがガラス製になるといううわさは2015年1月には既にあった。ガラス製にすることによって、筐体を薄く、軽くすることが可能だ。背面をカーブさせれば、持ちやすくもなる。

 さらに、ディスプレイがいよいよAMOLEDになるという。クオ氏はかつて、サプライチェーンの関係からAppleがiPhoneでAMOLEDディスプレイを採用するのは2019年以降になると予測していたが、前倒しした。供給が十分であれば、現行のフラッグシップである5.5インチTFT液晶の「iPhone 6s Plus」の後継モデルとして、5.8インチAMOLEDの端末が2017年に登場するとクオ氏はみている。

 ディスプレイサイズは大きくなっても、ベゼル幅を狭くすることで、このiPhoneはiPhone 6s Plusより小さくなるという。

 新機能としては、無線充電機能や顔面あるいは虹彩によるユーザー認証機能が搭載されるとクオ氏は予測している。

 このうわさは、年内に発表されるとみられる「iPhone 7」(仮)の次の世代にあたるiPhoneについてのものだ。iPhone 7の筐体の素材は現行と同じメタリックで、ヘッドフォンポートがなくなるとみられている。

 iphone 2 2016年3月現在のiPhoneのラインアップ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Rumors- 注目のうわさランキング

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -