ニュース
2016年03月28日 16時07分 UPDATE

X線天文衛星「ひとみ」、通信に異常 空中分解の可能性も

X線天文衛星「ひとみ」が、電波を正常に受信できず、状態を確認できない状況に。通信不良の原因は不明で、JAXAが復旧と調査を続けている。

[ITmedia]

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は3月27日、X線天文衛星「ひとみ」(ASTRO-H)が26日午後4時40分ころの運用開始時から、電波を正常に受信できず、状態を確認できない状況が続いていると発表した。28日午前11時の時点でも、通信不良の原因は分からず、復旧と原因調査を進めている。

photo X線天文衛星「ひとみ」

 軌道上の物体を監視する米国防総省の戦略軍統合宇宙運用センター(JSpOC)は日本時間27日深夜、Twitterで「ひとみ」が複数の物体に空中分解した可能性を発表。JAXAは「複数の物体を確認したとされる時刻以降に、短時間ではあるものの衛星からの電波を受信できた」とし、観測された物体と通信異常の因果関係を確認中だという。

 同衛星はX線を専門に観測する衛星として、JAXAが2月に打ち上げた。X線を詳しく調べることで、巨大ブラックホールや銀河団の成り立ちの解明につながることが期待される。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -