ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
2016年04月07日 09時33分 UPDATE

「Windows 10」、Bashも使えるAnniversary Updateプレビュー(ビルド14316)公開

MicrosoftがBuild 2016で発表した今夏実施予定の「Anniversary Update to Windows 10」の多くの機能が利用できるプレビュー「ビルド14316」がFast Ring向けに公開された。Bashシェルや新しい拡張機能が利用できる。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Microsoftは4月6日(現地時間)、Windows 10 Insider Previewの最新ビルド「Build 14316」を公開した。Fast Ring向けに提供する。

 「Build 2016」で発表された今夏公開の大規模アップデート「Anniversary Update to Windows 10」の多くの機能を試せる。

 主な新機能を紹介する。

Bashシェル

 Build 2016の基調講演で最も注目されたBashシェルが使えるようになった。

 利用するには、「開発者モード」に切り替えて「Windows Subsystem for Linux」をインストールし(再起動が必要)、コマンドプロンプトで「bash」と入力する。

 windows 1 bashシェル

Edgeに「OneNote Clipper」などの新拡張機能

 ビルド14291から利用できるようになったWebブラウザ「Edge」の拡張機能に、新たに米Pinterestの「Pin It Button」とMicrosoft Officeのメモツール「OneNote」にWebページの部分をクリップできる「OneNote Clipper」が加わった。

 windows 2

Cortanaの端末同期機能(日本ではまだ使えない)

 Windows 10 Mobile端末あるいはAndroid端末上のCortanaと連係させることで、以下の機能が使える。

  • モバイル端末のバッテリーが残り少なくなると、Windows 10にプッシュ通知が表示される
  • Windows 10のCortanaに自分のモバイル端末を探すよう頼める(Appleの「iPhoneを探す」のような機能
  • Windows 10のCortanaに「<目的地>への道順」と告げると、モバイル端末にナビが送られる
 windows 3 モバイル端末のバッテリーが切れる前に知らせてくれる

アクションセンターの新機能

 アプリごとに通知を設定したり、通知レベルを3段階で設定できるようになった。

ダークテーマ

 [設定]→[パーソナル設定]→[色]でダークテーマに設定できるようになった。

 windows 4 ダークテーマ

ContinuumでWindows 10 Mobile端末の画面をデスクトップに表示

 この機能については別記事を参照のこと。

 この他にも仮想デスクトップ機能などが改善された。詳細は英語の公式ブログを参照されたい。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -