ITmedia NEWS > セキュリティ >
ニュース
2016年05月02日 07時00分 UPDATE

Google、「Chrome 50」安定版の脆弱性を修正

「Chrome 50.0.2661.94」では9件のセキュリティ問題に対処した。

[鈴木聖子,ITmedia]

 米GoogleはWebブラウザ安定版「Chrome 50」の脆弱性を修正するセキュリティアップデートを4月28日付でWindows、Mac、Linux向けに公開した。

 Google Chromeの公式ブログによると、更新版となるバージョン50.0.2661.94では9件のセキュリティ問題に対処した。このうち外部の研究者が発見した境界外書き込みやメモリ破損、解放後使用など4件については、Googleの4段階評価で危険度が上から2番目に高い「高」と評価している。

 これら脆弱性を悪用された場合、攻撃コードを実行されたり、セキュリティ機能のサンドボックスをかわされたりする恐れがある。発見者にはそれぞれ3000ドルの賞金が贈呈された。

修正された脆弱性

 他にも外部の研究者から報告された危険度「中」程度の脆弱性2件や、Google社内で発見された脆弱性などが修正されている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.