ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
2016年05月09日 13時20分 UPDATE

日本マイクロソフト、在宅勤務に代わる「テレワーク勤務制度」導入 「コアタイム」も廃止

日本マイクロソフトが、在宅勤務の制限を緩和した「テレワーク勤務制度」を導入。フレックスタイム制度も見直し、出勤義務がある「コアタイム」は廃止する。

[ITmedia]

 日本マイクロソフトは5月1日、同社の「在宅勤務制度」を見直し、時間や場所の制限を緩和した「テレワーク勤務制度」を導入した。日本国内で「業務遂行に適切な場所」であれば、自宅以外でも就業できるように規則を変更。介護のために実家から勤務したい――などのニーズに応える。利用日数や利用単位の制限はない。

photo 従来の「在宅勤務制度」からの変更点

 フレックスタイム制度も見直し、出勤義務がある「コアタイム」を廃止。これまで以上に時間や場所にとらわれない働き方を追求し、業務効率と生産性の向上を目指す。同社のユーザー企業ともノウハウを共有し、ワークスタイル変革に活用してもらう方針だ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「Windows 7」サポート終了 対策ナビ