ITmedia NEWS > 科学・テクノロジー >
ニュース
2016年05月11日 12時18分 UPDATE

VR市場、立ち上がりは期待外れ? 海外VRベンチャーが語る、ビジネスの課題 (1/3)

16年は「VR元年」とも言われるが、市場の確立にはまだ時間がかかりそうだ。VRビジネスの現状と課題は――海外のVRベンチャーのトップなどが語った。

[岡田有花,ITmedia]
画像 開会前、登壇者たちで“自撮り”

 2016年は「VR(Virtual Reality)元年」とも言われるが、市場の確立にはまだ時間がかかりそうだ。VRビジネスの現状と課題は――海外のVRベンチャーのトップなどが5月10日、都内で開かれた「Japan VR Summit」で語った。

 「VR市場の立ち上がりは期待していたより時間がかかり、技術の進化も期待よりゆっくりだ」――VRアニメを製作する米Baobab Studiosのモーリーン・ファンCEOはこう打ち明ける。

 Baobab Studiosは、米アニメ業界のトップクリエイターらにより14年に設立された。昨年、ベンチャーキャピタルから600万ドルの資金を調達し、「VRのディズニー」を目指して作品を製作している。

Invasion! Sneak Peek 2D from Baobab Studios on Vimeo.

 VR市場は「今後少し落ち、来年の終わりごろに持ち直し、その後伸びる」と展望。技術の進化も遅いものの、「進化した時のインパクトが逆に大きくなる」と期待する。

 課題の1つは「コンテンツ不足」だという。「VR HMDを買っても1週間ぐらいしか楽しめない。継続的にユーザーにコンテンツを提供することが求められる」。

 中国TencentのR&D部門責任者のリー・シェン氏も「1〜2年内にVRで大きな収益をあげるのは難しい」とみる。

       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.