ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
2016年05月11日 17時34分 UPDATE

「うん」「はい」だけで“心”を伝える自然応答技術「HEARTalk」 ヤマハが開発

機械やロボット独特の「不自然さ」は「音声の抑揚」にあるという。

[太田智美,ITmedia]

 「同じ『はい』という言葉でも、抑揚などによって感情や意味が異なる」――そんな点に着目した自然応答技術「HEARTalk」をヤマハが開発した。同じ「はい」という発音でも、声の強弱、長短、高低、間、抑揚などをシーンに合わせて調整し、機械やロボット独特の「不自然さ」を減らして「心」を感じられるようにしているという。



 HEARTalkは人間の問い掛ける声に対し、「うん」「はい」と相づちを打つだけ。その際、人間の韻律をリアルタイムに解析し、応答に適した自然な相づちを返してくれる。


ヤマハ自然応答技術「HEARTalk」

ヤマハ自然応答技術「HEARTalk」 提供される「HEARTalk」基板モジュール。実装面積の小さい低コストな「基板モジュール」と「参考回路図」、「参考サンプルプログラム」が提供される予定

 現在特許出願中の新技術で、既存の音声対話システムへの組み込みなどを主な用途として想定。5月11日から、HEARTalkの一部技術(ソフトウェアとハードウェア)を利用できるライセンスを法人向けに提供している。

太田智美

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.