ニュース
2016年05月19日 09時10分 UPDATE

Google、AI bot入りメッセージングアプリ「Allo」とビデオチャットアプリ「Duo」を今夏公開へ

Googleが、AI bot「Google Assistant」を内蔵するメッセージングアプリ「Allo」とネット環境が不良でも高解像度の画像で使えるビデオチャットアプリ「Duo」を今夏公開する。Alloでは友達との会話にbotが参加して待ち合わせ場所の情報を表示したり、適切な受け答えの候補を提示したりする。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは5月18日(現地時間)、年次開発者会議「Google I/O」で、新しいチャットアプリ「Allo」およびビデオチャットアプリ「Duo」を発表した。いずれも今夏公開の予定。

 Googleアカウントではなく、LINEなどのように携帯電話番号で利用する。AndroidおよびiOSで利用できる。

Allo

 Alloの最大の特徴は、同日発表したAI bot「Google Assistant」を内蔵することだ。

 例えば友達とチャット中に「ランチはイタリアンにしない?」と入力するとGoogle Assistantが会話に割り込んで最寄りのイタリアンレストランの一覧をカード状に表示し、いずれかを選ぶと地図などの詳細情報を表示する。会話の途中でGoogleマップを立ち上げてレストランを探したりせずに済むわけだ。

 allo 1 会話中に割り込んでくるGoogle Assistant

 Google Assistantはまた、応答の候補を提示する。例えば相手が花を持ったかわいい子どもの写真を投稿すると、Google Assistantが機械学習で写真を解析し、応答候補として「すっごくかわいいね」「綺麗なデイジーだね」「<絵文字>」などの応答候補を提示してくれる。適切な答えがあれば、1タップで返答できる。

 allo 2 応答候補の提示

 Google Assistantは、退屈なときに簡単なゲームで時間つぶしに付き合ってもくれる。基調講演のデモでは、絵文字の羅列から映画のタイトルを当てるゲームが紹介された。

 この他、画像に落書きをして投稿する機能や、フキダシのサイズをスライドバーで拡大/縮小する機能なども搭載する。

 allo 3 写真に落書きする機能(左)、フキダシのサイズをスライドバーで調整する機能(右2つ)

 セキュリティ関連では、Chromeブラウザでおなじみのインコグニトモードがあり、そこでの会話は後で消える。

Duo

 Duoは名前の通り、1対1で使うビデオチャットアプリ。ネット環境が悪くてもつながりやすく、携帯回線とWi-Fiでシームレスに繋がるという。画質はHD(720p)。

 最大の特徴は、応答する前に相手の様子が全画面表示される「Knock Knock(ノックノック)」機能だ。応答ボタンをタップする前に、誰が、どんな状況でかけてきたのかを把握できる。

 Duoでの対話はすべて暗号化される。


 なお、これらのアプリが同社のコミュニケーションサービス「ハングアウト」とどう併存するのか、ハングアウトはフェイドアウトするのかはまだ不明だ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -