ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
2016年05月27日 17時53分 UPDATE

ロボットが店頭で商品説明――NTTドコモ、企業向け「おしゃべりロボット for Biz」

ロボットや玩具に、商品説明などのシナリオを追加できる企業向けのサービス「おしゃべりロボット for Biz」を、NTTドコモが提供開始した。

[ITmedia]

 NTTドコモは5月27日、同社の対話ロボット「OHaNAS」(オハナス)などに、独自の会話シナリオを追加できる法人向けサービス「おしゃべりロボット for Biz」の提供を5月30日に始めると発表した。商品説明や店頭接客などでの活用を見込む。

photo

 自社の商品などに関わる話題をシナリオとして作成し、ロボットや玩具に商品説明やキャンペーンの案内を喋らせることができる。同社の「しゃべってコンシェル」などに使われている「自然対話プラットフォーム」を利用している。

photo 2015年11月からエスビー食品と協力し、商品説明を行う「OHaNAS」をスーパーマーケットの店頭に置く取り組みを行っている。

 第1弾として、同社がタカラトミーと共同開発したロボット「OHaNAS」に対応。「今日は暑いから○○がおすすめナス」「○○のキャンペーンしているんだけど興味あるナス?」――などオリジナルのシナリオを追加し、最短1週間で導入できる。利用には、初期登録料は50万円、月額3万5000円がかかる。

 同社は2015年11月からエスビー食品と協力し、商品説明を行う「OHaNAS」をスーパーマーケットの店頭に置く取り組みなどを行ってきた(関連記事)。今後、対応するロボットや玩具の種類を増やし、「企業がロボットを導入しやすい環境を拡大していく」(同社)という。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.