ITmedia NEWS > 社会とIT >
ニュース
2016年05月30日 16時38分 UPDATE

「図書カードNEXT」6月から QRコード付き、残額はサーバで管理

「図書カード」の新型「図書カードNEXT」の発行が6月1日から始まる。書店の専用端末でQRコードを読み取り、サーバで残額を管理する仕組みだ。

[ITmedia]

 書籍と雑誌のプリペイドカード「図書カード」の新型「図書カードNEXT」の発行が6月1日から始まる。カード裏面に印刷されたQRコードを書店の専用端末で読み取り、サーバで残額を管理する仕組みだ。ユーザーが専用サイトから残高を確認することもできる。

画像
画像 新型読み取り機とカード裏面

 QRコードには複製を防止する特殊加工が施されており、ネット経由でサーバと接続した専用の読み取り機のみで読み取れる。読み取り機は従来の図書カードも読み取り可能だ。

 カード裏面のIDとPINコードを専用サイトに入力すると、カード残額と利用履歴を照会できる。カードの有効期限は10年。

 従来の図書カードは磁気式で、残額はカード自体に記録されていた。残額の目安はパンチ穴で確認でき、無期限で使用できた。

 表面のデザインは刷新。ピーターラビット、東山魁夷、富士山の3シリーズで、ピーターラビットシリーズが500円、1000円、3000円、5000円、東山魁夷シリーズが1000円、3000円、5000円、1万円、富士山シリーズが1000円と2000円。オリジナルカードも製作できる。

 凸版印刷と富士通エフ・アイ・ピーと共同で提供する「サーバ管理型プリペイドASPサービス」を活用し、日本図書普及がカードを発行する。初年度4000万枚の発行を計画している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.