ITmedia NEWS > ネットの話題 >
ニュース
2016年06月07日 17時10分 UPDATE

夏目漱石が現代によみがえる? 朗読する「漱石アンドロイド」開発へ

文豪・夏目漱石がアンドロイドで現代によみがえる? ――「漱石アンドロイド」開発プロジェクトを二松学舎大学が発表した。

[ITmedia]

 二松学舎大学は6月7日、小説家・夏目漱石の姿や声を再現する「漱石アンドロイド」の開発プロジェクトを発表した。生前の資料をもとに子孫の協力も得て、朗読や講義ができるロボットを作り出す。

photo 夏目漱石
photo マツコロイド

 夏目漱石が論語・漢詩を学んだ同大の創立140周年を記念した事業の一環。ヒューマノイド型ロボットを研究する大阪大学の石黒浩教授の監修のもと、「マツコロイド」などを手掛けるエーラボが制作を手掛ける。

 漱石の子孫である夏目房之介さんの協力を得て、音素を解析・抽出し、音声を創作。朝日新聞が所蔵する漱石関連資料やデスマスク、写真集などを資料として活用する。漱石の足跡をたどる伝記的な調査・研究を改めて実施し、得られた成果やデータも反映する。

 朗読などの講義用プログラムを作成・搭載し、漱石アンドロイドを使った講義・授業の実施や、アンドロイドに対する受容性のアンケートなどで、教育現場での活用可能性を探る。その他、講演会での利用や他の学校への出張や出前講義も検討するという。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.