ニュース
2016年07月04日 11時14分 UPDATE

Facebook、投稿を自動翻訳する「複数の言語で投稿」機能を一般公開へ

Facebookが、ユーザーの投稿を自動翻訳し、友達それぞれの母国語で表示する機能を一般公開した(ローリングアウト中)。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Facebookは7月1日(現地時間)、「複数の言語で投稿」機能を一般に公開したと発表した。同日から全ユーザーに“ローリングアウト”していく。

 「複数の言語で投稿」機能は今年、まずはFacebookページオーナーが利用できるようになった。既に約5000のページで1日当たり平均1万件近い投稿でこの機能が使われているという。

 この機能が利用できるようになると、[設定]に「複数の言語で投稿」という項目が表示されるようになり、これをオンにすると、投稿欄の右下に「他の言語で投稿する」というリンクが表示される。

 multilanguages 1 自動翻訳する言語を選べるようになる(画像はページオーナーの場合)

 翻訳したい言語を選ぶと、入力したデフォルト言語(筆者の場合は日本語)の文章を指定した言語に翻訳したものが表示される。翻訳が適切でない場合は、修正することも可能だ。

 multilanguages 2 45カ国語で投稿できる

 相手に表示される投稿は、その相手が設定している言語のものになる。相手がコメントやいいね!をつけると、すべて1つの投稿へのアクティビティとして表示される。

 例えば英語圏と日本語圏に友達がいるユーザーはこれまで、1つの投稿に英語と日本語で同じ説明を入れたり、同じ内容の投稿を英語版と日本語版で2つ投稿する必要があったが、新機能を使えば手間が省けるだろう。

 この機能を使って投稿されたデータは、同社の機械翻訳機能の向上のために利用される。同社は、新機能を広く一般ユーザーに公開することで、Facebook上の言語の壁を打ち破るという同社のビジョンに近づけるとしている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -