ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
2016年06月23日 12時04分 UPDATE

Instagram、キャプションやプロフィールの翻訳機能追加へ

5億人のユーザーの8割が米国以外から利用しているというInstagramに、もうすぐ翻訳機能が追加される。投稿のキャプションやプロフィールの自己紹介を「翻訳を見る」ボタンで設定した言語に翻訳できるようになる。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Facebook傘下のInstagramは6月22日(現地時間)、7月中に翻訳ボタンを追加すると発表した。フィード上の画像のキャプションやコメント、プロフィールページの自己紹介などを設定した言語に翻訳できる。

 対応言語についてはまだ発表されていないが、Instagramの公式投稿を見ると、少なくとも、英語、日本語、ロシア語、フランス語、スペイン語、ポルトガル語、ドイツ語に対応するようだ。

 instagram 1

 Instagramは前日、MAU(月間アクティブユーザー数)が5億人を突破し、その8割は米国以外に在住すると発表した。

 親会社であるFacebookのサービスでは2011年から翻訳機能が使えるようになっている。当初は米MicrosoftのBingを翻訳エンジンとして採用していたが、2015年12月から自社開発の機械学習による自動翻訳エンジンを使っている(同社の言語エンジニアリング担当ディレクター、アラン・パッカー氏の講演より)。

 instagram 2 Facebookの翻訳機能

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.