ITmedia NEWS > 科学・テクノロジー >
ニュース
2016年07月22日 13時44分 UPDATE

クルマがドライバーの感情を理解する“相棒”に ソフトバンクとホンダ、AI技術を共同研究

ソフトバンクとホンダが、AI技術「感情エンジン」をモビリティに応用する共同研究をスタート。クルマが感情を持ち、ドライバーの“相棒”のようになる世界を目指す。

[ITmedia]

 ソフトバンクは7月22日、本田技研工業(ホンダ)と共同で、AI技術「感情エンジン」をモビリティに応用する共同研究を開めると発表した。クルマが感情を持ち、ドライバーの“相棒”のようになることで、クルマへの愛着を深めてもらう狙い。

 感情エンジンは、ソフトバンク傘下のcocoro SBが開発した技術で、ロボット「Pepper」に搭載されている。各種センサー情報を活用することで擬似的な脳内分泌を定義し、クラウドでつながったAI上で感情を表現する。

 ホンダとの共同研究では、モビリティに搭載した各種センサー・カメラなどの情報や、音声対話を通じてドライバーの感情を推定。モビリティ自らも感情を持ち、ドライバーとコミュニケーションを図ったり、経験を共有して成長できるようにする。

 その結果、ドライバーにモビリティを友人や相棒のようにとらえてもらい、さらなる愛着を感じてもらうことを目指す。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.