ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
2016年08月17日 07時46分 UPDATE

IDF 2016:Intel、スタンドアロンの“MR” HMD「Project Alloy」披露

Intelが3D深度センサー「RealSense」技術を採用するVR/AR HMD「Project Alloy」を発表した。PCとの接続も、コントローラーも、外部に設置するセンサーも不要のスタンドアロンなHMDだ。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Intelは8月16日(現地時間)、サンフランシスコで開催中の開発者会議「Intel Developer Forum(IDF) 2016」において、外部センサーやPCとの接続コードを必要としないスタンドアロンのVR/AR HMD、「Project Alloy」を発表した。

 alloy 1 AlloyのHMDを披露するブライアン・クルザニッチCEO

 ハードウェアとAPIを開発者やパートナーに販売し、2017年にはAlloyの技術を採用する製品の登場を見込む。

 同社の3D深度センサー技術「RealSense」搭載カメラを搭載するので、「Oculus Rift」などのように部屋に設置する外部センサーや手に持つコントローラーを必要としない。

 また、米Microsoftの「HoloLens」同様にHMD内にプロセッサを搭載するため、PCやゲーム端末などに接続する必要もない。

 alloy 2 Project AlloyのHMD

 Project AlloyはAR(拡張現実)対応で、ユーザーの周囲のリアルな世界とVR(仮想現実)世界を融合(merge)することから、Intelは「Merged Reality」と呼ぶ(Microsoftは「Mixed Reality」)。

 ブライアン・クルザニッチCEOは自身のMediumで、Merged Realityでは、実物のテニスラケットを持って(仮想の)ウィンブルドンでテニスの試合に出場し、(現実の)室内の家具などをラケットで叩いてしまうことなく、プレイできると説明した。その他、オーケストラでピアノとチェロを同時に演奏したり、システィナ礼拝堂で最後の審判のフレスコ画を鑑賞したりできると語った。

 IDF 2016ではMicrosoftのテリー・マイヤーソン上級副社長が登壇し、WindowsベースのVR/ARコンテンツをAlloyのようなIntelベースのハードウェアで体験できるよう最適化すると発表した(別記事)。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -