ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
2016年09月16日 10時24分 UPDATE

MicrosoftのOutlook.comにGoogleドライブのファイル添付が可能に

Microsoftがメールサービス「Outlook.com」をアップデートし、Googleドライブ内のファイルの添付、Google Docs文書のOutlook内での編集、Facebook上の写真の添付、スレッド内の添付ファイル一覧機能を追加した。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Microsoftは9月15日(現地時間)、メールサービス「Outlook.com」の3つの新機能を発表した。Googleドライブのファイルの添付、Facebookの写真の添付、スレッド上の添付ファイル一覧だ。

Googleドライブのファイルを添付

 OutlookのアカウントとGoogleアカウントをリンクさせれば、Outlook.comでファイルを添付しようとすると候補としてGoogleドライブが表示されるようになる。これまで、MicrosoftのOneDrive、米Boxおよび米Dropboxをサポートしていた。また、この機能はAndroidおよびiOS版Outlookアプリでは既に可能だ。

 添付が可能になっただけでなく、Outlookに添付されたGoogleのドキュメント/スプレッドシート/スライドをOutlook内で開き、(ファイルの編集権があれば)Outlook内で編集もできるようになった。

 outlook 1 Outlook内でGoogle Docsの文書を編集できる

Facebook上の画像の添付

 OutlookのアカウントとFacebookアカウントをリンクさせれば、Facebook上の写真を添付できる。Facebookで自分で公開した写真だけでなく、自分がタグ付けされている写真も対象だ。

 outlook 2 添付ファイルの選択先としてFacebookが追加された

スレッド上の添付ファイル一覧機能

 スレッドが長くなると誰がいつどのようなファイルを添付したかを探すのが大変になる。この問題を解決するため、スレッドの右上のクリップアイコンをクリックすると、そのスレッドに追加された添付ファイルが時系列に表示されるようになった。表示されたリスト上で開きたいファイルを選べば、そのファイルが開く。

 outlook 3 スレッド上の添付ファイル一覧

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.