ITmedia NEWS > 科学・テクノロジー >
ニュース
2016年09月26日 16時20分 UPDATE

車の危険運転シーンをAIで自動検知 NTT Comらが実験成功

車両から取得したさまざまなデータを基に、人工知能で危険運転シーンを自動検出する実験にNTT Comらが成功。

[ITmedia]

 NTTコミュニケーションズ(NTT Com)とカーリース事業を手掛ける日本カーソリューションズ(NCS)は9月26日、車両から取得した各種データを人工知能(AI)で分析し、交通事故の要因となる危険運転シーンを自動検知する実験に成功したと発表した。

photo

 人や物の動きに関わるセンサーデータと映像の組み合わせから、対象物の動きと周囲の状況を理解して推定するAI技術を活用。ドライブレコーダーの映像や速度などのセンサーデータの組み合わせで、出合い頭の接触事故につながる危険運転シーンを約85%の確率で検出できたという。

 NCSは顧客企業向けに、ドライバーの危険運転シーンをチェックできる映像分析サービスを提供している。従来は、専任スタッフが多くの時間をかけて車載映像から危険運転シーンを抽出していたが、新技術で、人手よりも早く正確に抽出できる可能性があるという。

 現在はドライブレコーダーの映像や速度などを基に危険運転を検知する仕組みだが、今後は路面状況や交通状況など、AIが自動認識できる対象を拡大する予定。危険運転検知サービスの精度向上や新サービス開発につなげるとしている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -