ITmedia NEWS > ネットの話題 >
ニュース
2016年10月07日 11時44分 UPDATE

NHKが「見逃し配信」実験 11月から1万人限定で

NHKは、総合テレビとEテレの番組をネットで同時配信する実験と、放送終了直後から最長1週間試聴できる見逃し配信の実験を、11月〜12月に行う。

[ITmedia]
画像 開発週の見逃し配信アプリのイメージ

 NHKは10月6日、総合テレビとEテレの番組をネットで同時配信する実験と、放送終了直後から最長1週間試聴できる見逃し配信の実験を、11月〜12月に行うと発表した。1万人限定で参加者を募り、同時配信や見逃し配信のニーズを探る。

 同時配信は11月28日〜12月28日の午前7時〜午後11時までの1日16時間以内、総合テレビ・Eテレの首都圏4都県向け番組で実施。字幕放送や副音声、マルチ編成(複数の番組の同時提供)にも対応する。

 同時配信した番組のうち権利処理ができた番組について、配信直後1週間、スマートフォンアプリやWebサイトを通じて見逃し配信を行い、見逃し視聴の動向も検証する。

 参加者は1万人以内を予定しており、うち3000人は11月1日からネットで一般公募。調査会社を通じて6500人を募る。

 NHKは「NHKオンデマンド」で有料で見逃し配信を提供しているが、今回は人数を限定し、検証に特化して無料で行う。試聴ニーズや配信システム、権利処理の運用状況の確認する。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -