ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
2016年10月09日 07時31分 UPDATE

Android端末のプリインストール義務付けアプリから「ハングアウト」が消え、「Duo」に

GoogleがAndroid端末メーカーにプリインストールを義務付ける基本アプリセット「Google Mobile Services(GMS)」の「ハングアウト」が「Google Duo」に置き換わる。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 2017年に店頭に並ぶAndroid端末には、「ハングアウト」はプリインストールされなくなりそうだ──。米Googleが10月5日(現地時間)、Android端末メーカーに対し、「Google Mobile Services(GMS)」を変更し、ハングアウトを「Google Duo」に置き換えると告知したと、米Android Policeが報じた。この変更は12月1日に発効する。

 GMSは、「Google Playストア」や「Googleマップ」などの基本アプリをプリインストールしたいAndroid端末メーカーに対し、Googleがそれを許可する代わりに他のアプリのインストールも義務付けるというもの。現在のGMSのアプリは以下の11本だ。

 gms 1

 Duoは、Googleが今年のGoogle I/Oで紹介し、8月にリリースした1対1のビデオチャットアプリだ。ハングアウトのテキストチャットやグループでのビデオチャット機能などはない。

 gms 2 Google Duo

 これではGMSからテキストチャットアプリがなくなることになる。今後、Duoと同時に発表され、9月に提供開始された「Google Allo」もGMSに追加されるのかもしれない。Alloは「Googleアシスタント」搭載がウリのメッセージングアプリだが、本稿執筆現在、Googleアシスタントはまだ日本語をサポートしていない。

 なお、ハングアウトはGMSから外れるだけで、メーカーは従来通りプリインストールすることも可能だ。プリインストールされていなくても、ユーザーはGoogle Playストアから追加できる。

 Googleは8月にDuoを公開した際、ハングアウトは今後ビジネス向けコミュニケーションアプリと位置付け、「Google Apps」に統合していくと語った

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.