ITmedia NEWS > 社会とIT >
ニュース
2016年10月24日 18時26分 UPDATE

「どこでもドア」登場 扉数異なる列車に対応する新型ホームドア、京急が試験導入

扉の数や位置が異なる列車にも対応するホームドア「どこでもドア」が、京急久里浜線の三浦海岸駅に試験導入された。

[ITmedia]

 京浜急行電鉄は10月24日、扉の数や位置が異なる列車にも対応するホームドア「どこでもドア」の実証実験を三浦海岸駅(京急久里浜線)で始めた。実験期間は約1年間を予定している。

photo 三浦海岸駅に設置された「どこでもドア」

 どこでもドアは、2、3、4扉車に対応するホームドアとして三菱重工交通機器エンジニアリングが開発した。車両改修の必要なく、地上設備のみでホームドア開閉の連携が可能な「地上完結型連携システム」を採用している。実証実験では、三浦海岸駅1番線の1車両分にどこでもドアを設置し、安全性・耐久性を検証する。

 ホームドアの設置では、高い工事費や車両規格の違いなどが課題となる。JR東日本は開口部の広い新型ホームドアを開発するなど、鉄道各社が解決に向け知恵を絞っている。

photo ホームドア設置の課題(国土交通省のWebサイトより)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.