ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
2016年10月26日 17時28分 UPDATE

スマホ充電できる“ソーラー椅子”、シャープが開発 都内スタバに導入

太陽光でスマートフォンなどを充電できる「椅子型 ソーラー充電スタンド」をシャープが開発。スターバックスコーヒーの都内3店舗に設置される。

[ITmedia]

 シャープは10月26日、太陽光パネルで生み出した電気でスマートフォンなどを充電できる「椅子型 ソーラー充電スタンド」を開発したと発表した。スターバックス コーヒー ジャパンが、東京都内の3店舗に10月下旬から順次導入するという。

photo

 椅子の背もたれの裏側に、人工衛星などに採用されている太陽電池を搭載。エネルギー変換効率は約30%で、テラス席など屋外に設置することで効率よく発電できるという。

 座席後方にはUSB給電ポートを備え、利用者が座ったまま、スマートフォンなどを充電できる。発電した電気は、座面の下に搭載した蓄電池に蓄えられ、日照量が少ない日でも利用できる。椅子型なので移動もさせやすいという。

photo
photo 座席後方にUSB給電ポート

 シャープは2015年、東京都環境公社が推進するプロジェクト「シティチャージ」の設置事業者に選定され、スマホなどを充電できる「ソーラー充電スタンド」を都内3カ所に設置してきた。椅子型の新製品も同プロジェクトの支援を受け、スターバックスコーヒー上野恩賜公園店、二子玉川公園店、町田金森店に配置する予定。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.